WEBディレクション

ホームページ制作

どんなものでも「作る」という作業には、ディレクションという役割が必要となります。

WebディレクションとはWebサイトを制作する際のクライアント様とのお打ち合わせ(ヒアリング)、提案資料の作成、プランニング・設計、仕様策定、プロジェクトの進行管理があります。

Webデザイナー、Webプログラマー、コーディング担当など、様々な専門の制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の制作スケジュールや予算、進行、品質などの管理をするのもディレクターの仕事です。

ルーパウスのディレクターは制作開発実務者のため、お客様に対して「営業的なアプローチ」だけでなく、「制作的なアプローチ」のご提案をも可能としております。

webサイトは作るだけでなく、作った後に成長させていかなくてはなりません。将来的な構想やトレンド、過去の成功例・失敗例のノウハウをお客様に対してわかりやすくご説明し、しっかりとお打合せを行い、制作実務者に指示・指導しております。

主なWEBディレクションのお仕事

ドキュメント作成

  • ヒアリングシート
  • 企画書
  • 要件定義書
  • 見積書
  • サイトマップ
  • ディレクトリーマップ
  • ワイヤーフレーム
  • 社内用指示書 等

企画・提案

クライアント様からヒアリングしたご要望を具体化し、企画・提案をします。
何のサイトなのか、ターゲットは誰か、何を目的とするサイトでどのような効果を高めたいのかを考え、企画・ご提案します。

プロジェクト管理

プロジェクトをスケジュール通りに進めるために、担当の制作スタッフをまとめ、プロジェクト全体の進行管理を行います。
また、途中途中で要件定義の内容と差異がないかチェックしながら進めていく必要があります。

  • スケジュール作成
  • デザイン進行管理
  • コーディング進行管理
  • システム進行管理
  • 検証
  • 納品 等

WEB制作業界の流れ・トレンドの把握

WEB制作業界のトレンドは本当に早く、ついこの間まで当たり前に使っていた技術があっという間に古くなってしまうことも普通にあります。

ディレクター含め制作者は常に、最新の情報にアンテナを張り、最新のWEBデザイン・最新の技術のトレンドを抑えておかなければいけません。
常に新しい情報をキャッチすることを心がけているために、クライアント様にも新鮮なご提案ができます。

WEBマーケティング

WEBサイトは納品して終わりではなく、公開してからが新たなスタートとなります。
せっかく作ったホームページが誰にも見てもらえなければ何の意味も持たないサイトになってしまいます

WEBサイトは、手をかければかけただけ成長していきます。

ルーパウスのWEBディレクターは、今まで培ったノウハウをもとに、SEO対策やリスティング広告のご提案をはじめ、目的に応じた様々なマーケティングのご提案をいたします。