Webデザイン

ホームページ制作

Webサイトの第一印象を決めるのはデザイン。
すなわち企業イメージはWebサイトで決まるといっても過言ではありません。

Webサイトで自社の魅力や強みを最大限に伝えるためには、ブランドの強みや魅力を的確に伝え、ユーザーの目的を達成できるデザインにすることが重要です。

ルーパウスでは、デザインをご提案する前に、クライアント様とどのようなサイトにするか打ち合わせをし、サイトの方向性を決めて行きます。
さらに、クライアント様からヒアリングした情報をもとにペルソナを設定し、訪れたユーザーに共感してもらえるサイト、強みや魅力を伝えられるサイトにするための、ユーザーの動き方を意識した、導線を考えたデザインをご提案いたします。

Webサイトは常にユーザー目線でなくてはなりません。
単純に見た目だけではなくそのサイトの機能を吟味してデザインを行う必要もあります。

CMSやレスポンシブデザインなどのように、近年のwebサイトは動的なものが増えている昨今、どんな状況でも正しく配置されるようデザインされていなくてはなりません。
ルーパウスでは、通常のWebサイトの制作だけでなく、CMS等のプログラミングサイトの開発も行っているため、Webサイトを動的に見せるデザインも承っております。

主なWebデザイン業務の流れ

Webサイトの構成とレイアウトを決める

クライアント様とのお打ち合わせでサイトの方向性が決まったらサイトマップとワイヤーフレームを作ります。
基本的な構成や全体のバランスを考慮し、全体のイメージを決定します。

WebサイトのTOPページデザイン

前もってヒヤリングした基本カラー、ポイントカラー、コンテンツの並び順などの要件を基に、TOPページのデザインをはじめます。
必要なときはWebデザイナーがクライアント様と直接やりとりをしながら制作を進めます。

Webサイトの下層ページデザイン

TOPページデザインの承認をいただいた後は下層ページの基本デザインにとりかかります。

Webサイトのコーディング開始

デザインの承認をいただいた後、コーディング作業に入ります。
コーディングは、デザインをもとにHTMLやCSSの仕様に沿って形成していく作業で、Web制作には欠かせない工程のひとつです。
コーディングをすることではじめてデザインをブラウザ(OS)に表示させることができます。

※コーディング
コーディングとはデザインをもとにHTMLやCSS、JavaScriptといったWebサイトを構成する言語を用いてプログラムのソースコードを記述する作業のことです。コーディングをすることではじめてデザインをブラウザ(OS)に表示させることができます。
コーディングは、HTMLやCSSの仕様に沿って形成していく作業で、Web制作には欠かせない工程のひとつです。
>コーディングへ